EXPERTGIG の IoT エキスパートギグは、親会社に自動車部品工場を持ち、オリジナルの生産設備の設計開発とシステム開発の両輪で工場をサポートする技術集団です。IoT という言葉が誕生する前から、IoT 的な発想で工場改革を推進してきました。これからも近い将来の 5G、AI などの時代を見据えた IoT 製品開発を推進していきます。 常に現場主義の IoT を 工場で発生する日々の問題は、常に現場で起こっています。またその原因のほとんどは現場にあります。常に現場と隣り合わせのエキスパートギグは、さまざまな工場の悩みを熟知し、またその解決策についても多くの失敗経験から学んだ経験則に加え、豊富なシステム開発の経験から得た情報技術、自動化設備の設計・製造から学んだ機械技術で工場の問題解決を図ります。 IoT を工場でうまく活用するには 現在のところ IoT という言葉の意味は非常に広範囲であり、その定義がぼんやりしています。工場で IoT をうまく適合して、最大限活用するには、目的を明確にすること。工場の大きな問題点の解決を主題にして、真剣に取り組むことが重要です。 IoT 製品を導入すれば万事解決と思ったら、必ず失敗するでしょう。継続しやり抜くことで、さらなる活用シーンの広がりを見せ、工場が生まれ変わります。 目の前にある設備の稼働率はわかりますか? 工場内の設備について、正確な稼働率、メンテナンス履歴などを即答できますか? そのような質問があると慌てて、過去の手書き日報や、以前何かのときに集計したExcel、ストップウォッチで測ったタクトなどを探していませんか? また探したとしても役に立たない情報だったりしませんか? 会社から指示されて、なんとなく継続している手書き日報の情報が何かに役立ち、二次利用できたことがありますか? おそらくほとんどの工場の担当者は正確に即答できませんし、ため込んだ情報もおそらく役に立ったことてはないかと思います。 「パワーあんどん」は、その一つの回答 弊社が自社工場向けに独自に開発し改良してきた「パワーあんどん」は、問題解決の 1つの回答です。工場のいくつかの真実を明確にすることができます。設備の稼働率、不良原因、現在の進捗、段取り時間など、これらの情報を製品別、材料ロット別、作業者別など様々な角度から集計できます。これらの情報をもとにすぐに改善活動を開始できます。 パワーあんどん でこんなことができる! 手書き日報の廃止 弊社工場はこれをきっかけに「パワーあんどん」の開発を始めました。まずは正確な情報収集ができる基板づくりが重要です。 ちょこ停の原因究明 生産設備の稼働率を下げる、ちょこちょこ停止の原因究明と改善活動は、工場の生産能力を飛躍的にアップさせます。 生産タクトの短縮 作業者の習熟度合いによる生産タクトのバラつきや、作業手順の見直しで、生産タクトを縮めることができます。 不良原因の追究と解消 不良が多いラインを見つけて、不良の原因を追究して、改善すれば、収益性は格段にアップ。不良は百害あって一利なし!早期発見と原因の撲滅はいつも第一優先事項。特に後工程での不良は、前工程までに積み上げた加工費まで無駄にしてしまいます。 いつでも進捗確認 生産設備ごとに設置された「パワーあんどん」端末でいつでも進捗確認ができます。経過時間と標準タクトから算出した標準加工数と実績加工数を表示し、差分を常に表示、作業者のペースメーカーとなります。 本当の原価を把握 日々の収集データから工程の実力値を算出! 本当の原価がわかる! 原価を正確に把握することで、製造、営業、購買の動きが見違えます。 パワーあんどん や IoT全般に関するお問合せ お名前 (必須) メールアドレス (必須) お問合せタイトル メッセージ本文

title

EXPERTGIG の IoT

エキスパートギグは、親会社に自動車部品工場を持ち、オリジナルの生産設備の設計開発とシステム開発の両輪で工場をサポートする技術集団です。IoT という言葉が誕生する前から、IoT 的な発想で工場改革を推進してきました。これからも近い将来の 5G、AI などの時代を見据えた IoT 製品開発を推進していきます。

常に現場主義の IoT を

工場で発生する日々の問題は、常に現場で起こっています。またその原因のほとんどは現場にあります。常に現場と隣り合わせのエキスパートギグは、さまざまな工場の悩みを熟知し、またその解決策についても多くの失敗経験から学んだ経験則に加え、豊富なシステム開発の経験から得た情報技術、自動化設備の設計・製造から学んだ機械技術で工場の問題解決を図ります。

IoT を工場でうまく活用するには

現在のところ IoT という言葉の意味は非常に広範囲であり、その定義がぼんやりしています。工場で IoT をうまく適合して、最大限活用するには、目的を明確にすること。工場の大きな問題点の解決を主題にして、真剣に取り組むことが重要です。 IoT 製品を導入すれば万事解決と思ったら、必ず失敗するでしょう。継続しやり抜くことで、さらなる活用シーンの広がりを見せ、工場が生まれ変わります。

目の前にある設備の稼働率はわかりますか?

工場内の設備について、正確な稼働率、メンテナンス履歴などを即答できますか? そのような質問があると慌てて、過去の手書き日報や、以前何かのときに集計したExcel、ストップウォッチで測ったタクトなどを探していませんか? また探したとしても役に立たない情報だったりしませんか? 会社から指示されて、なんとなく継続している手書き日報の情報が何かに役立ち、二次利用できたことがありますか? おそらくほとんどの工場の担当者は正確に即答できませんし、ため込んだ情報もおそらく役に立ったことてはないかと思います。

「パワーあんどん」は、その一つの回答

弊社が自社工場向けに独自に開発し改良してきた「パワーあんどん」は、問題解決の 1つの回答です。工場のいくつかの真実を明確にすることができます。設備の稼働率、不良原因、現在の進捗、段取り時間など、これらの情報を製品別、材料ロット別、作業者別など様々な角度から集計できます。これらの情報をもとにすぐに改善活動を開始できます。

パワーあんどん でこんなことができる!

  • 手書き日報の廃止

    弊社工場はこれをきっかけに「パワーあんどん」の開発を始めました。まずは正確な情報収集ができる基板づくりが重要です。

  • ちょこ停の原因究明

    生産設備の稼働率を下げる、ちょこちょこ停止の原因究明と改善活動は、工場の生産能力を飛躍的にアップさせます。

  • 生産タクトの短縮

    作業者の習熟度合いによる生産タクトのバラつきや、作業手順の見直しで、生産タクトを縮めることができます。

  • 不良原因の追究と解消

    不良が多いラインを見つけて、不良の原因を追究して、改善すれば、収益性は格段にアップ。不良は百害あって一利なし!早期発見と原因の撲滅はいつも第一優先事項。特に後工程での不良は、前工程までに積み上げた加工費まで無駄にしてしまいます。

  • いつでも進捗確認

    生産設備ごとに設置された「パワーあんどん」端末でいつでも進捗確認ができます。経過時間と標準タクトから算出した標準加工数と実績加工数を表示し、差分を常に表示、作業者のペースメーカーとなります。

  • 本当の原価を把握

    日々の収集データから工程の実力値を算出! 本当の原価がわかる! 原価を正確に把握することで、製造、営業、購買の動きが見違えます。

パワーあんどん や IoT全般に関するお問合せ