中国情報 : 大连周水子国际空港 国内線ラウンジ

中国情報 : 大连周水子国际空港 国内線ラウンジ

大连周水子国际空港 国内線ラウンジ

今回は、大連から杭州に移動するため、プライオリティパスで利用可能なVIPラウンジを利用した。

Golden Century VIP Lounge

※2019年4月現在では国内線のラウンジのみ。
以前は国際線でも利用可能だったが数年前に利用できなくなった。

ラウンジの場所

セキュリティ通過したら、右に向かうと14番ゲート近くにエスカレーターがあるので3Fへ登り、後ろ側の通路一番奥にある。
途中ビジネスクラスのラウンジもあるがそれとは別。

ラウンジ受付

受付でプライオリティパスと搭乗券を提示。
ハンディーターミナルにスタイラスペンでサインを記入。チケットはカウンターに渡して出るときに返してもらう仕組みだ。

他に一人しか利用客がいなかったので良いが、混雑しているときに間違われると困りますね。

軽食コーナー

中国らしい菓子とジュース、水、お茶のみという超シンプルな構成。

食べたいと思うものが無いというのが、率直な感想。

座席

座席はすべて個別ソファになっている。数人掛けのソファや大きなテーブルなどは無い。

ソファの座り心地は良好。飛行機のビジネスクラス風である。ソファ横には小さいテーブルがある。

雪碧(スプライト)と小さいパンケーキをいただいた。

有料設備

マッサージチェアは有料。動くのかな。

プライオリティパス

プライオリティパスは個別でも申込み可能だが、アメックス セゾン プラチナカードにも付帯する。

海外出張が多いので、試しにカードを作って、プライオリティパスを検証中。
現在まで、上海、福州、広州、インチョン、金浦などで使ってみましたが、ゴールドカードのラウンジにちょっと毛が生えた程度というのが正直なところ。上海では遅延により7時間待つことがあり、食事も色々あったのでよかったけど、混雑していて、正直プレミアム感はゼロですね。

トイレ

ラウンジの入り口付近にトイレがある。
通路一番奥なので、きれいかなと期待したが、残念。パスします。

おまけ情報 機内食

中国南方航空の機内食

いつもどおり。
米か麺か聞かれれたので米を選択。米とたまごという説明をしてましたが、要は炒飯。それと面包(パン)、ザーサイ、ヨーグルト。
国際線もだいたいこんな感じ。
機内のエンターテイメント機器は無し。(基本)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA